キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

水タンクを追加購入したよ

f:id:i_like_mcc:20210327211829p:plain

 

1週間前に新型コロナワクチン接種を行いました。
私が接種したのは2回の接種が必要なタイプです。
注射はインフルエンザワクチンの皮下注射と違い筋肉注射での投与となります。

注射自体はそりゃ針刺すので痛くないわけないだろう、と言ったぐらいで特別な事なく注射は終わりました。
筋肉注射を受けたのも初めてなのでこれがこのワクチン特有のものなのかはわかりませんが、注射4時間後に刺したところに張る感じがありました。
幸い副反応は見られず健康そのものです。
ただ2回目の方が副反応が出やすいという情報もありますので無事に終えられることを祈るばかりです。

 

さて本題。

前回キャンピングカーで初めて2泊3日の日程でクルマ旅に出ました。
P号はナッツRVのクレソンジャーニーで、サブバッテリー300Ahを急速充電できるシステム、エボライトが搭載されています。
この高効率充電システムのおかげで数時間走行すれば満充電になるので非常に助かります。
更にオプションで200Wソーラーチャージャーをつけているので、冷蔵庫程度の消費電力であれば余裕でまかなえます。
電力使用が最も多い真夏にエアコンを使用するとどうなるか?
これは体験するまでのお楽しみです。

 

電気は走行したり日光を浴びたりすれば回復させることができますが、問題は水。
クレソンジャーニーに標準でついている水タンクは清水用・排水用とも20Lの容量です。
実際どれくらいの水を使うのかはよく分からなかったので、とりあえずこの20Lだけで2泊3日の旅をして見ました。

結果として20Lでは最終日朝の歯磨きで使い切り、ちょっとだけ足りませんでした。
使った内容はというと、歯磨き6回、食器洗い6回、食器のほとんどはコーヒーカップとコーヒーサーバーです。

一切洗い物はせず紙皿・紙コップ、もしくは食器はアルコールティッシュで拭くだけ、水は歯磨き程度のみ、という使い方であれば20Lで十分でしょうが、

「コーヒーはいいカップで飲みたい」

「食事が紙皿では台無しだ」

なんて言い出すと、途端に水需要が高まります。
まあ我が家はそういうことを言う一家なんですけど汗

日本という水に恵まれた国に生まれ育ち41年、キャンピングカーに乗って初めて一滴の水も無駄にしない体験をしました。
何とか2泊3日の最終日朝までは水を持たすことができましたがストレスでしたね。

 

キャンプ場やRVパークといった車中泊可能な有料施設を利用すれば水は使用できます。(できないRVパークもあり)
それならばキャンピングカーで水を使用する機会はぐっと減りますので20Lでも問題ないかと思います。

ただし毎回キャンプ場やRVパークを利用するとなるとその都度予約する手間があり、気軽に出かけられるクルマ旅の魅力が失われてしまいます。
クルマ旅の醍醐味を楽しむならばやはり道の駅を利用したいですよね。
でも道の駅やSA・PAで休憩する場合、それら施設で水を手に入れることや捨てることはNGですので絶対にやめましょう。

 

となるとやっぱり20Lじゃ我が家は足りないなので水タンクを清水用・排水用それぞれ1つずつ追加することにしました。
出発時に水を20L×2=40L持っていく。
これが一番手っ取り早く確実な方法です。 

で、クレソンジャーニーに標準で取り付けられていた水タンク、全く同じものがカインズホームで売っていました。

f:id:i_like_mcc:20210327214038j:plain

【同じサイズなので固定に悩む必要なく安心】

1つ598円、安いですね。
コレなら3つ積んで60L!とも考えましたが、そのぶん限られたラゲッジを圧迫するのでまずは40Lで様子をみようと思います。

では皆さん、Have a nice day !