日本“シン”記録 with P

クレソンジャーニー〈P号〉と日本各地に出かけた記録

どうする家康、等身大パネル

皆さんこんにちは、シンです。

大河ドラマ「どうする家康」、今日の放送で浜松が出てきました。
3月中ばなのでドラマは4分の1経過、といったところ。

タイミング的には「ついに登場」ですが、話の中身としては「もう登場」です。
天下人・家康だからこそ、残っている話の量が他の武将と違って多くあり、それらをドラマにしていたらとても1年で終わるようなものではありません。

だからこの大河ドラマを見ていると「あれ?あの話は?」というところが端折られているんですね。
なので浜松の登場には「もう浜松?」と感じるわけです。

でも浜松ではドラマのタイミングに合わせて3月18日に大河ドラマ館がグランドオープンしました。

そしてイオンにも特設ブースが設けられていました。
出演者の等身大パネルぐらいですけど。

【家康、築山殿、御大の方】

【信長、お市の方】

【秀吉、信玄、半蔵、忠勝、康政】

【オーラが凄すぎ・・・】

今日の放送でこの姿の阿部寛・信玄が登場しました。
ドラマのキャスト発表の時に「阿部寛が武田信玄?」と思ったのですが、これ見て納得できました。
むしろこのままのキャストで「武田信玄」の大河を見たいです。

松潤が悪いんじゃないんです、周りが凄すぎるのです。
でも、史実周りをスーパースターたちに囲まれていたので、このドラマのように家康は実際も小者扱いだったのかもしれませんね、1560〜1575年くらいまでは。

展示物では野村萬斎・義元が実際に着用していた衣装が展示されていました。
案外小さく見えました、周りが広いからかな?

【うん、ワシには着れん】

浜松の大河ドラマ館はオープンしたばかりなので少し落ち着いた頃に訪れようかな、と思っています。

まだ岡崎の大河ドラマ館にも行っていないですが、こちらは近々行こうと考えています。

それでは皆さん、Have a nice day !