キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

2021クリスマス旅行記【通算56〜58泊目】

f:id:i_like_mcc:20220112225709j:plain

本記事はだいぶ経ってしまいましたが2021年12月23日〜26日に山梨県富士吉田市を訪れた時の旅行記です。
キャンピングカーを購入してから通算56〜58泊目になります。

プランニング

何を食べる?

「何を食べたいか?」、我が家はだいたいこれがプランニングのスタートです。
まず決まったのがお互い人生において一度も目にしたことがないケンタッキーのパーティーバーレルを「食べたい!」でした。
子供の頃からの憧れのあの赤いバケツ。
今年はP号と過ごす初めてのクリスマス、ここは大奮発して人生初バーレルだ!
ちなみに今年は娘と初めて過ごすクリスマスでもある。←優先順位が逆

そしてクリスマスらしい食事はローストビーフとビーフシチュー。
これらを料理するならば道の駅はもちろんNG、RVパークでも原則NG、となると残った選択肢はキャンプ場です。

どこに泊まる?

この料理に合うお酒はワインです、ワインが美味しいのは山梨県。
ということで山梨県のキャンプ場に決定。

冬のキャンプは設備が整ったところに限ります。
私にとって一番重要なのは洗い場でお湯が出るかどうか。
以前はトイレが最優先でしたが、今はP号のポータブルトイレという強い味方がいます。
なのでトイレのキレイさはさほど重要ではなくなりました。
寒い時期に外で食器を洗うのに水だけだとホント手がちょちょ切れそうになります、だからお湯が出ることはとっても重要です。

冬季も営業していてお湯が出る洗い場がある山梨県のキャンプ場。
その条件ではだいぶ絞られますが、選んだのはPICA富士吉田。
今まで何度も行ったことがあり、勝手を知っていて安心できるところにしました。
何よりハッピーフライデー割引と言って、「金曜日・土曜日の2連泊の場合、金曜日分の料金無料(or 半額)」という神制度があります。
今回はそれを利用することで2泊¥7,900で泊まることができました。

場所が決まったのでついでに吉田のうどんを食べるのと、赤富士ワインセラーでワインを購入することをプランに追加しました。

何をする?

今回はクリスマスパーティーがメインで、あとはキャンプ場でゆっくり過ごす、としました。
いつもはあちこち行ったりしますが今回はキャンプ場にクルマを停めたら動かず、のんびり料理をしながらゆっくり過ごす。
それはそれで贅沢な時間の使い方ですよね。

プラン実行!

今回のルートはこんな感じ

f:id:i_like_mcc:20211226224842p:plain

新東名を東に進み、新富士ICで降りて国道139号を北進、道の駅・朝霧高原で車中泊。
ワインは赤富士ワインセラーで購入して、12時30分に予約したパーティーバーレルをケンタッキー富士吉田店で受け取り、13時頃PICA富士吉田にチェックイン。

そんな予定を組んで大まかな経路は上記の通りです、帰りもほとんどこのままの経路で戻ってきました。
気温は低かったですが特に積雪・凍結はなく、通行に支障はありませんでした。

走行距離:373km

宿泊場所、施設

1泊目(通算56泊目):道の駅 朝霧高原

f:id:i_like_mcc:20211227084819j:plain

【日の出前の光景】

山梨方面に向かう際はおおよそここで車中泊しています。
この道の駅での富士山の大迫力な眺望が大好きです。
この日は富士山に積もった雪が月明かりに照らされて幻想的な雰囲気でした。

f:id:i_like_mcc:20211227084916j:plain

【満月の夜だったらもっとキレイだったかな】

ただ、隣に停まったトラックがアイドリングしたままでうるさかったです。
アイドリング自体はいいんです、日本の物流を支える職業ドライバーの休憩スポットの道の駅でしかもこの寒さですから。
でもこのトラックがリズム良く「カッ、カッ、カッ」と鳴るんで、時限爆弾でも仕掛けられたかな?と。
変な音が鳴らないように整備しておいて欲しいものです。

2〜3泊目(通算57、58泊目):PICA富士吉田

f:id:i_like_mcc:20211227090012j:plain

PICAグループは私をキャンプ好きにさせたと言っても過言ではありません。
施設はキレイで充実していますし、サービスも素晴らしいです。
唯一残念なことはキャンプ場内から富士山が眺められないことです。
あと15年前と比べると周辺に工場(主に天然水採水工場かな?)が増えたことで、自然の中でキャンプしている感が薄れてしまったことですね。
それでも素晴らしいキャンプ場であることに変わりはありません。

立ち寄った飲食店

車屋うどん

f:id:i_like_mcc:20211227163900j:plain

12月24日(金)に訪問、開店すぐに行ったので私たち以外にお客はいませんでした。
吉田のうどんらしく500円前後の金額でお財布に優しいです。
しかし私の注文した肉金うどんは肉うどんにきんぴらがトッピングされ少々辛い、その上にすりだねも唐辛子多めのモノだったのでだいぶ辛くなりました。
味も塩味が強めに感じました。
ちなみにここの肉は馬肉です。

f:id:i_like_mcc:20211227164453j:plain

【メニューの一番目に書かれている肉金うどんを注文】

車屋うどん
〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田東1-14-11
500円(平均)
r.gnavi.co.jp

麺’ズ富士山 富士吉田本店

f:id:i_like_mcc:20211227164638j:plain

PICA富士吉田にもっとも近い吉田のうどん店。
12月26日(日)にキャンプ場をチェックアウトしてから寄りました。
お店は繁盛していましたが運よく並ぶことなく席に案内されました。

こちらのお店は4回程来た事があり、今まで食べた吉田のうどん店(6店)の中では一番美味しいお店です。 ※個人的感想ですからね

いままでは冬以外の季節だったので冷たいうどんばかりでしたが、今回は温かいうどんをチョイス。
富士山うどんと銘打ったこのメニューはベースのキャベツに、温玉、油揚げ、肉(豚)、わかめ、そしてちくわ天が立体的にトッピングされ、まさしく富士山。
それだけトッピングがついて値段は700円、お腹も十分に満足するボリュームです。
特に温玉は黄身が甘くて美味しいです。

f:id:i_like_mcc:20211227170032j:plain

【富士山うどん】

吉田うどん 麺’ズ冨士山
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田熊穴4419-6
600円(平均)600円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

手作りパン工房 サンクルー

f:id:i_like_mcc:20211227171006j:plain

あん生クリームパンが売りのお店(今回は買いませんでしたが)。
パンの種類もたくさんあり、価格も比較的リーズナブルです。
LINEで友だち登録すると食パン1斤プレゼント!と書かれていたのですかさず登録。
200円の食パンが本当にもらえました♪

r.gnavi.co.jp

CISCO COFFEE

f:id:i_like_mcc:20211227171932j:plain

河口湖畔にあるカフェです、12月26日(日)の帰り際に寄りました。
このお店にも4回ほど来ています。
店名から分かる通り店内に入るとサンフランシスコらしい写真や本が置かれています。

f:id:i_like_mcc:20211227172425j:plain

【カリフォルニアスタイルのお洒落な建物】

f:id:i_like_mcc:20211227172337j:plain

【ドリップコーヒーは5つの豆から選ぶ事ができる】

CISCO COFFEE
〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立927-1
r.gnavi.co.jp

入浴施設

今回はPICA富士吉田にお風呂があったので、立ち寄り湯等は利用しませんでした。
PICAのお風呂は利用料金に含まれていますので、それも含めて考えるとこの施設の利用料金は安いと感じますね。

キャンプ場での過ごし方

プランニング通り24日にチェックインしてから26日のチェックアウトまで一切クルマは動かしませんでした。
そして料理を作ってはダラダラ過ごしていました。
昼からアルコールが飲めて最高でしたね♪

今回の旅行のメインはクリスマスパーティー、ケンタッキーのパーティーバーレルを電子レンジで温め直して美味しくいただくことができました。
クリスマスの25日にはキャンプ場スタッフも盛り上げるイベントをしてくれて大いに楽しめました。
その時の様子は過去記事をご参照ください。

旅行を終えた感想

ローストビーフとケンタッキーに大満足!

ローストビーフはコスパも含めて間違いなく成功でした。
難しいイメージがあったのですが全然そんなことはありません、表面焼いて湯煎するだけなのでお手軽簡単、野外でも問題なく作れました。
これは次がありますね♪

そして何と言ってもケンタッキーのパーティーバーレル!
クリスマスにこれを手に入れるということが一種のステータス。
お腹も心も満足したので来年もきっと予約することでしょう。

f:id:i_like_mcc:20211225060818j:plain

【チキンとビーフで大満足!】

ビーフシチューは肉が硬かったのと、ハインツのデミグラソースに味は全て委ねられていたので面白みに欠けました。
作り方に少し工夫が必要です。

吉田のうどんは食べ慣れてしまって感動することはなくなりました。
でも行けば食べるということは、それだけ惹きつける何かがあるってことでしょう。

キャンプ場での過ごし方に課題

今回の旅で課題に感じたのがキャンプ場での過ごし方です。
テント泊だった頃は寝るギリギリまで外(スクリーンタープ内)で過ごしていましたが、キャンピングカーになってからはほぼ車内にこもりっきりとなっています。

車内の方が暖かいですし、外にいると特に子供はあっという間に汚れます。
せっかくお風呂に入ったのに台無し。

大人なら別にずっと車内にこもっていてもいいんですけど、子供はどうでしょう?
気持ちのいい森林に来たのにずっと車の中。
せっかく来たのであれば外で遊びたいですよね。
次回キャンプ場に泊まるときには外で過ごせる装備を積んで来ようと思います。

f:id:i_like_mcc:20211226092729j:plain

【娘が歩けるようになれば外でも過ごしやすくなるはず】