キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

祝50泊目は突然に。 〜南信州にて〜 【通算50泊目】

皆さんこんにちは、シンです。

3月に乗り始めて9ヶ月弱、キャンピングカーでの寝泊まりが50回目を迎えました。
少し前から50回目はどこにしよう?と考え、候補をあげて悩んだりしていました。
そして「50泊目はココに決めた!」って決定したものの、そのメモリアルは突然にして訪れました。

カミさんの一声で・・・

11月22日(月)

カミさんの「温泉入りたい。」

鶴の一声とはこのことか。
自分の中で練り上げた計画(というほどのものではない)は脆くも崩れ去りました・・・

いやいや、毎日乳児から目を離せず、夜中も起こされてはおっぱいあげて、と大変な日々。
地震が来ても起きないタイプの私には到底真似できないことです。
日頃の当たり前が実はものすごく感謝すべきことなのです。

ということで夕飯を食べ終えてからサクサク、っと準備。
家から1時間半くらいの場所にある南信州に向け出発、ここらの泉質はなかなか良いにも関わらず、あまり混むことがない穴場的スポットです。

大雨がやんだ20時30分に家を出発、22時に「道の駅・南信州うるぎ」に到着。
さすがにこの時間ではどこも温泉は閉館しています。
明日のほうが気温がグッと下がり、温泉日和なので楽しみは翌日に持ち越しです。

スタッドレスタイヤの皮剥きも兼ねてのドライブ、LT規格のタイヤなので乗り心地が悪くなるかな〜と思いましたがそんなことはありませんでした。

f:id:i_like_mcc:20211123200720j:plain

【珍しく1台も停(泊)まっていない駐車場】

FFヒーターにあの機能が付いていたなんて

11月23日(火)

前日はひどい雨でしたがこの日は打って変わって気持ち良い快晴。
外気温は2℃と今シーズンで一番寒い朝でした。

f:id:i_like_mcc:20211123201000j:plain

【キレイに晴れました、それにしても寒い】

こんな寒い朝はFFヒーターを付けるに限ります。
今まで寒い中でも頑張って布団から出てスイッチを押していたのですが、

f:id:i_like_mcc:20211123201244j:plain

【こんな便利な機能があったなんて】

タイマーなんてハイテク機能が付いていることを知りました。
これで私が寝ている間にFFヒーターさんは早起きして活動してくれます、なんとありがたいことでしょう。
ちゃんと作動するかなと一抹の不安を胸に寝ましたが、翌朝FFヒーターさんはちゃんと期待に応えて動いてました。
これでますます車中泊が快適になります。

いつもの御幣餅と今が旬のりんご

実りの秋、食欲の秋、温泉は最後の楽しみに取っておいてまずは胃袋様を満足させてあげましょう。
道の駅・南信州うるぎは一応国道418号沿いですがこの国道418号、主要国道をつなぐ役割の脇役国道です。
なので静かで休憩するのにはいい場所ですが、如何せん規模が小さいんですね。
両隣の主要国道にこの地域を代表する大規模な道の駅があります。
寝るだけ使って申し訳ないですがそちらの道の駅で買い物します。

向かったのは「道の駅・信州新野千石平」。

f:id:i_like_mcc:20211123201927j:plain

【この地域を代表する祭事のクライマックスシーンだそうです】

当初はこちらで休憩する予定でしたが、ココに至る国道151号が道路工事で通行止めとなっていました。
迂回路がちょうど道の駅・南信州うるぎに繋がっていたので予定を変更したってわけです。

この道の駅はよく利用するところで、何といっても五平餅が美味しいです。
五平餅、御幣餅とどちらが正しいのか?
五平さんが作ったから五平餅説もありますが、まあどちらでも良いです。
ここのは「御幣餅」です。
その名の通り神社などで飾られている白い紙で作られた「御幣」に形が似ています。
ここのはホント美味しくて、五平(御幣)餅大好きな私の一推しです。

f:id:i_like_mcc:20211123202042j:plain

【味噌の甘さと焦げた香ばしさがたまらない】

そして今の季節はりんごです。
りんごの産地・長野県はさすがにたくさんのりんごが売っています。

f:id:i_like_mcc:20211123202511j:plain
f:id:i_like_mcc:20211123202545j:plain

f:id:i_like_mcc:20211123202630j:plain

【種類も豊富、迷ったら6種類入りのコレ!】

温泉は天龍温泉「おきよめの湯」

お腹も満たされ、りんごも手に入れ、それではようやく今回1番の目的の温泉に向かいます。
道の駅・信州新野千石平から10分ほどの場所にある天龍温泉「おきよめの湯」。

f:id:i_like_mcc:20211123202954j:plain

この地域には2ヶ月に一度くらいの頻度で訪れているのですが、この温泉には今まで入ったことがありませんでした。
アクセス路がやや狭いので敬遠していたのですが、どうやら昨年改装してきれいになったようなので行ってみることにしました。

10時オープンに合わせて到着、私が一番風呂でした。
誰もお客さんがいなかったのでちょっと写真を撮らせていただきました。

f:id:i_like_mcc:20211123203354j:plain

【内湯の様子、陽光がよく入って気持ち良い】

f:id:i_like_mcc:20211123203615j:plain

【露天風呂から春は桜、秋は紅葉が楽しめる】

泉質はPH9.5のアルカリ性単純泉でつるすべです。
息子も「なんか指がツルツルしてる!」って気づくほど。
南信州の温泉はどこもこのような泉質です。
つるすべ系が好きな私にとっては近くに好みの温泉があってありがたいです。

そして露天風呂ではちょっとしたサプライズ演出。
入った途端に谷から風が吹き上がり、目の前のモミジの葉っぱが空一面に舞い上がりました。
そしてフワフワと降りてきて、今度は湯船一面モミジの葉っぱに。
お湯に浸かりながら紅葉を楽しむ、最高に気持ちのいい温泉でした。
カミさんもたいそう気に入り、ここはリピ決定です。
大人500円と安いのも魅力です。(子供は4歳以上が200円)

f:id:i_like_mcc:20211123204725j:plain

【いい温泉を見つけるとなんだかすごく嬉しい】

昼食は評判のうどん屋「六三」

御幣餅は午前のおやつとして次が本番の昼食。
道の駅・信州新野千石平から数分のところにひっそり佇むうどん屋「六三(ろくさん)」。
今年4月に初めてここのうどんを食べて以来二度目の訪問です。
このうどん屋さんは美味しくて評判の良いお店なんです。
店主1人で切り盛りしていて席は8席(とテラス席)とこじんまりとしたお店なので、すぐいっぱいになります。

開店時間の11時に行くとまだお客はいません。
やった、ここも一番乗りだ。

f:id:i_like_mcc:20211123205602j:plain

【店の手前と奥に駐車場あり】

f:id:i_like_mcc:20211123205649j:plain

【よし、今度は水タンク持ってきて汲んでいこう】

f:id:i_like_mcc:20211123205743j:plain

【人件費かからないので安いのかな?】

後から来たお客さんが天ぷらうどんを注文していましたが、それもまた美味しそうでした。
今時天ぷらうどんが820円で食べられるお店なんてそうそう無いですよね。
次来たときは天ぷらうどんにしようと思いはするものの、それは叶わないかもしれません。

だって、

f:id:i_like_mcc:20211123210619j:plain

この山奥でこのクオリティの味噌煮込みうどんがあるんですから。
味噌煮込みうどん専用のうどんをわざわざ仕入れる気合の入れようです。
このオヤジさん、タダ者ではありません。

f:id:i_like_mcc:20211123210905j:plain

お店の前は国道151号の拡張工事で愛知側からの通行が止められていました。
この国道151号、愛知・長野の県境あたりが狭い峠道でした。
少しずつ拡張が進められ、最後に残った狭い区間がこの「六三」より愛知側の区間でした。
今そこが拡張されようとしているので、この工事が済めば非常に快適に通ることができるようになります。

充実した50泊目でした

突然にして出かけましたがキャンピングカーなら何とかなってしまいます。
家から持ち出したのは替えのパンツとコーヒー豆くらい?
美味しい食べ物に気持ちいい温泉、これがあればもう言うことなしです。
カミさんの要望にも応えられ充実した50泊目でした。
今週末はブロ友さんが紹介した施設にお邪魔します。
さてどこでしょう?お楽しみに〜

それでは皆さん、Have a nice day !