キャンピングカーのP

クレソンジャーニーで旅するブログ

マルチルームがますます「トイレ」になったよ

皆さんこんにちは、シンです。

前回P号のマルチルームにトイレットペーパーホルダーを取り付けたことを記事にしました。

www.mountain-camp-cycling.com

 

ペーパーホルダーがついただけでぐっとトイレらしくなったP号のマルチルームですが、トイレ用品等が床置きになっていることがいただけません。

もっとトイレらしく。

トイレの高みを目指して。

 

でカインズとニトリで物を揃えてトイレらしさを増しました。

f:id:i_like_mcc:20210905193035j:plain

【至って「普通の」トイレになりました】

トイレにかける情熱が半端じゃないって?

だってトイレにはとてもキレイな女神様がいるんですから笑
若い方は知らないですよね汗

 

まずトイレ横の収納はニトリのものです。

f:id:i_like_mcc:20210905193249j:plain

【ペーパーが3つストックできる】

下は扉付きの収納となっており、この扉はマグネットのプッシュ式です。
ちょうどP号の壁色と似たものがあったのでこれにしました。

でもちょっと後ろの壁から離れて設置しているのがわかりますでしょうか。
これはちょっとうっかりしていまして。
この後ろには、

f:id:i_like_mcc:20210905193647j:plain

【オプションで取り付けたコンセントが】

何かのために、と取り付けたコンセントがあったんですね。
これを殺してしまうわけにはいかないので中途半端な置き方になりました。
でも用を足すに全く邪魔にはならないので良しとします。
収納棚の下には耐震ジェルシートを貼り、面している壁との間にスポンジを挟んで両面テープで接着しました。

 

そして上の棚。
突っ張り棚はカインズ、ワイヤーバスケットはニトリです

f:id:i_like_mcc:20210905193910j:plain

【ちょうど幅ピッタリのモノが見つかり感動】

ワイヤーバスケットは左がSSサイズ、右がSサイズです。
今は適当なものをただ置いただけで写真を撮りましたが、実際には娘のおむつやお尻ふきを置くスペースとなります。
突っ張り棚の耐荷重は約30kg(そんなに載せない)なので余裕でしょう。
問題は走行中の振動で落下しないかですね。

突っ張り棚にただ載せただけではすぐ落下してしまいますので固定してあります。

f:id:i_like_mcc:20210905194448j:plain

【制振ゴムと結束バンドで固定】

制振ゴムを挟んであるので走行中の振動でガタガタ言うことありません。
収納スペースを増やしたことでトイレ用品の床置きがなくなりスッキリしました。

 

そしてここは「マルチ」ルームなのでトイレ以外の用途としてミラーを設置。

f:id:i_like_mcc:20210905194841j:plain

【壁に両面テープで貼り付け、もちろんガラス製じゃありません】

今までは電子レンジの扉を鏡代わりにして背伸びしてみていましたが、これでそんなことをする必要がなくなりました。
ヒゲの剃り残しもなくなります。(どのみちマスクで分かりませんが)

 

以上トイレに情熱を捧げる男の話でした。

それでは皆さん、Have a nice day !